« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月11日

フラワーレメディ

1歳頃から音に敏感になり始め、飛行機が上空を飛ぶ音、雨音、雷にとても脅えているフィロさんです。

去年の冬、大きな雷がドンドコ続いたとき、ハウスにこもって震えていました。
あんまりかわいそうなので、今年の冬の雷が鳴り始める前に、 バッチ博士のフラワーレメディ というのを試してみるとこにしました。

レメディは薬ではなく、副作用や習慣性が無いとのことで、赤ちゃんからお年寄りまで使うことができる、花の持つエネルギーを利用した癒しのシステムだそうです。

絶対に効く、と言うわけではなさそうですが、やってみて効果があれば御の字です。

雷や大きな音など、理由のわかっているものに脅えているので、 レスキューレメディ ミムラス を買いました。
ついでに トリートメントボトル も用意。

Remedhi1
左がトリートメントボトル、真ん中がレスキュ-レメディ、右がミムラス

ボトルに30mlの水を入れ、レスキューレメディを4滴、ミムラスを2滴入れ、ボトルのレメディを薄めた水を1日4滴を4回摂取させます。

朝晩のごはんに混ぜて2回。
あとの2回は仰向けにして口を開けさせ、ボトルのスポイトから直接水をたらしてあげることにしました。

Remedhi2
なんだかミョーなものを飲まされたでしゅよ。

飲ませたあとちょっと警戒しています。
ボトルを出したら逃げるようになったりしなければいいけど・・・

今回レメディを使うに当たって参考にした本はこちら↓

ペットを癒す花療法
ステファン・ボール著 / ジュディ・ハワード著 / 島田 京美訳
中央アート出版社 (2000.9)

| | コメント (12)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »