« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日

2006年の味噌仕込

せっかくココログさんがブログの容量を増やしてくれたので、フィロブログを使って味噌作りの覚書をしておこうと思います。

材料

大豆(北海道産鶴の子大豆)  1,200g   1200円
麹(3枚)              2,850g   2700円
塩(天然のもの)           600g    150円

この量で、大体7~8キロのお味噌ができる予定です。
大豆は生協で購入したもの。

Img_5583
もっと安い大豆もあるけれど、せっかくなので国産大豆を使います。

味噌の値段は麹の値段かと思うほど意外と麹は高いのですが、自分で作るのは大変なので、麹代だけは節約できません。

作り方

1.大豆を1晩水に浸してもどします。

2.翌日、大豆の水を切り、きれいな水でやわらかくなるまで茹でる。

3.麹を米一粒づつに分かれるようにほぐし、一握りの塩をよけておき、残りの塩と麹をすりあわせる。

4.すりこ木やポテトマッシャーでやわらかくなった大豆を熱いうちにつぶし、3の麹を少しずついれ混ぜ合わせる。

5.すべての大豆と麹が混ざったら、ボール状にまとめ、容器に投げ入れる。(空気を抜くため)

6.すべて投げ入れたら表面を平らにし、よけておいた一握りの塩を表面に伸ばし、ビニールの口をしばる。

7.梅雨時にカビが生えていないかチェックし、ひと夏過ぎて11月ごろには食べられます。

容器にはあらかじめ漬物用のビニールを2重に掛けておく。
外側のビニールはホコリ除けなので、簡単にしばって良い。

と、まぁこんな感じです。
大豆1キロ分ともなると、かなりの力仕事ですし、1日が潰れます。
我が家ではこの量の味噌で、半年ほどしか持ちません。
今年はもう一度、大豆を代えて作ってみようかなと思っています。

もし、このブログを読んで今年はお味噌を作ってみようかな、と思われた方はまず、大豆を500g程度、麹を大豆の2倍の1キロ、の分量からはじめたほうが良いと思います。
大豆は水につけると驚くほど増えますので、まずは手順をつかむ感じでやってみた方が良いからです。

これを読んで作ってみようかな、なんて思った方におすすめの本は

わが家の味、簡単!手作りみそ
中村 成子〔著〕
SSコミュニケーションズ (2001.11)
この本は現在お取り扱いできません。

安いしコンパクトだし、とっても親切に書かれた本で、味噌作りのために買って損はなかった本です。
手順などもカラー写真で見たほうがわかりやすいです。
しかし残念ながら、ネットの本屋さんでは在庫がないようです。
何処かの本屋さんの片隅にあるかもしれません。
あったら絶対おすすめの本です。

私は作っている途中の写真は撮っていません。
豆をつぶし始めると、手が大豆でべとべとになってるわ疲れるわで、写真どころではありませんでした。ハイ。

1日がんばってあとは寝て待つだけ・・・だからこそ飽きっぽいかあさんでも続けられる毎年の行事なのでした。

mada-Park
早く芽が出ろ、お味噌しゃん♪

芽が出るわけではないのだよ・・・フィロや。

芽が出たと言えば、去年の秋にホームセンターで「おつとめ品」として投売りされていたミニ胡蝶蘭に花芽が出て、何とか一つ咲きました。

ran-hana
どんな花かなぁ~と思ったら、意外と地味だった。
(もっと真っ白でいかにも胡蝶蘭!というのを想像していたので・・・)
でも、ミニだと場所をとらないので、もう一鉢増やしてみようかな、とほくそえむかあさんなのでした。
部屋の中で花が見られるって楽しいモンね♪

| | コメント (8)

気に入らない

先日友人が遊びに来たとき、フィロとたくさん遊んでもらった。
そろそろ帰ろうか・・・という雰囲気になったとき、フィロは友人の足の間に入っていき、寝始めたのである。

chi-asi2
まだまだ帰らせないでしゅよ。エヘッ♪

と言うつもりなんだろうか。
動かすのがかわいそうだから、と言うことで友人は帰るのをいったん止めました。
作戦成功だね、フィロさん。

お客さんと遊ぶことはあっても、こんなふうに甘えるのは初めてだったので、ちょっとビックリです。

タイトルの気に入らないと言うのはこのことではありません。
最近、やたらとパパっ子になっているのです。

papa-udemakura
とうさんが寝転がっていると、自分でとうさんの横へ行って丸くなり、腕に頭を乗せているのです。
ノォォォーッ!!
かあさんが寝てても、邪魔そうな顔でかあさんの足元に行き、背中でちょっとづつ足を押すのに。
なに?この違い。
ちょっと前まではかあさん命だったのに!悔しすぎる!

かあさんが寝ているときは、特にそばへ寄ってこない。
なんでだろう~

・・・・・・

思い当たることがないわけではなかった・・・

jiken
事件はこんな日に起こった。(2005年1月23日撮影)

フィロが5,6ヶ月の頃であったろうか。
とても天気の良い日で、お昼ごはんを食べた午後にフィロが昼寝をしていたのです。
かあさんも横でつられて寝てしまいました。

そして、夢を見たのです。

ふわふわのかわいい熊のぬいぐるみが現れました。
触るととってもフッカフカ。
ちょっと抱きしめてみると、まるで本物のようにあったかいのです。
すりすりするとやわらかくて気持ちイイ。

そこで、ぎゅっと抱きしめてみました。
うほほ~い、ふっかふか。
さらにぎゅぅぅぅ~っと抱きしめてみると、

「グェェェェ!」

(ぐえ?)

「ボェェェェェ、ゲェ!」

はっとして目が覚めると、かあさんが締め上げていたのはフィロでした。
あわててフィロを見ると、吐いていました・・・。
いろいろ体を触って点検してみましたが、骨は折っていない様子。
ハァ~危なかった。

tasukete
               (2005年1月23日撮影)

まっ、かあさんの自業自得ってことですか。
いいもん、自分で無理やりフィロを抱っこして寝ているモンね。

abunaidesyu
あたちが死んだら、犯人はかあしゃんでしゅ。
    だいいんぐ・めっせーじ    フィロ

| | コメント (16)

2006年2月17日

ワンダとフィロと楽しい奴ら

凛ちゃんのブログで見た楽しそうなおもちゃ、 ワンダーボール をついに買いました。

まるでネズミのようなおもしろい動き。
絶対にフィロも凛ちゃんのように楽しく遊んでくれるに違いない!
しかも、電池と内蔵されたモーターでおもちゃが勝手に動くので、かあさんラクチン。

早速、電池を入れてスイッチオン!

凛ちゃんみたいに遊んでくれるかなぁ・・・ ・・・

ギャッフン!
スルスルとハウスへ逃げ込んでしまいました。

そういえば、フィロに闘って欲しいととうさんが買ったラジコンカー、フィロのハウスへ追い込みグッズになっているのだった。
機械のモーター音が嫌いなフィロさん。
動きのおもしろさで食いついてくるかと思ったのに・・・。

ワンダーボールが動き出す前、興味深そうに匂いを嗅ぎに来ていたのに、電池を入れて試しにちょっとボタンを押してみたらすばやく後ずさって、遠くから様子を見ていた。

abunai
あやちい物体が動き出したのでしゅ。あぶないでしゅ。

せっかく買ったのに・・・もはやこれまでか・・・。
と思ったものの、納得いかないので、スイッチを入れないままその辺に転がしておいて慣れてもらい、ちょっとづつ動かして警戒を解いていった結果。

何とか遊んでもらえました。
あ~良かった。
それにしてもこのおもちゃ、とっても良くできています。
何かにぶつかってもちゃんと戻ってくるし、隙間に入り込んでも時間はかかるものの自力で戻ります。
かあさんラクしてフィロさんハッスル!!

そういえば付け足しで楽しい奴らの皆さんの紹介。

tanosii-yatura
左からかあさんお気に入りの等身大ピカチュウと真ん中はホワイトタイガーの仔のぬいぐるみにフィロさんの慰みもののキモリ君です。

| | コメント (16)

2006年2月14日

シュナウザー・ファンゲット!

前から楽しみにしていた本、シュナウザーファンがついに発売になり、とうさんに買ってきてもらいました。

シュナウザー・ファン
誠文堂新光社 (2006.3)
定価1200円+税

144ページ、ぜーんぶシュナウザーでとっても見ごたえありました。
ところどころブログなどで見たことのあるシュナちゃんが出ていて、思わずにっこり。
カットが個性的なシュナちゃんがいっぱいで、参考になります。

シュナのかかりやすい病気の紹介は、勉強になりました。
シュナウザーのスタンダードの解説のページに、欠点とする肢勢として紹介されていた後ろ足のうち、フィロにそっくりなのが有って笑ってしまいました。
ひどいものではないのだけど、ちょっとがにまたチックなフィロ。
でも、そこがかわいいのです(←親バカ)。

シュナのワイヤーヘアーを維持するために体の毛を抜く、ストリッピングの方法が載っていて、なんだか痛々しい感じでショードッグも大変だな、と思いました。
中でも驚いたのが、頭の毛を抜いてしまう3rdステージのシュナちゃんです。
コントのハゲヅラみたいな頭になっていました。
こんなシュナちゃんが散歩していたら目が釘付けになってしまいます。

phi-itiban
あたちはストリッピングしなくていいでしゅよ。

ストリッピングをしないと、柔らかい毛になり退色も進むそうですが、私はワイヤーヘアーよりも柔らかい毛が好きなので、たとえ退色しようともフィロは一生ストリッピングすることはないでしょう。

それにしても本当に、個性的なシュナちゃんでいっぱいだったなぁ~。
しばらく本を読んでニタニタする日々が続きそうです。

| | コメント (12)

2006年2月12日

バザーでカートデビューでしゅ

2月のカン太ママのバザーへ行ってきました。
早速、買ったばかりのカートを使ってみました。

カートを乗りこなすフィロさんです。
まだカートに慣れなくて、おっかなびっくりですが、立ち乗りしています。

カートのおかげで両手は開くし、抱っこのとき暴れていたのですがそれもないし、かなりラクチンでした。
大きなわんちゃんだと、カート越しのご挨拶のほうが高さが合って、挨拶しやすそうでした。
バザーではしゅうとくんに会えたし、いっぱいかわいいって言ってもらえてとっても満足なフィロ家でした。

asobudesyu
しゅうとしゃん、次は追いかけっこで遊ぶでしゅよ。

今回のバザーから、カン太ママの応援グッズが売っていたので、早速ピンバッジを購入しました。

baggi
なかなかかわいいバッジです。カートに付けようっと。

そして、フランス料理を作っているシェフが作ったという、わんこクッキーを見つけたのでそれも買いました。

cookie1
こんなに入って100円は安すぎです!

では、やっぱりいつもお腹ペコペコなフィロさんにご試食いただきます。
「フセ!」

cookie2
ハイッ!

cookie3
もぎゅ、もぎゅ、まいう~。
またバザーへ行きたいでしゅ!

今度は6月だそうです。
楽しみだね☆

| | コメント (20)

2006年2月 5日

久しぶりのトリミング

tori-mae
アロハ!フィロでしゅ。

顔周りの毛がもっさもっさになってきた。
おうちトリミングの後始末が大変なので、久しぶりにトリミングのお店でやってもらうことにしました。

へんし~ん!!

tori-ato1
あ~しゅっきりしたでしゅ。

tori-ato2
キメッ☆

おうちトリミングだと耳周りがどうもうまくバリカンを当てられないのです。
すっかりきれいになって、別犬のよう。

フィロのカットをお願いしたのはシアンシアンさんです。
添加物の入っていないおやつも販売しているので、おやつはもっぱらここで買っています。
こういうおやつを扱っているお店が近くにあってよかったな~。
ついでに生肉の種類が増えてくれるともっといいんだけど。(^^)

| | コメント (10)

カートが届く

注文していたフィロのカートが届きました。

ka-to1
じゃぁ~ん。
思っていたよりもよい色で気に入っています。
おやっ?フィロさんがいません。

ka-to2
ちょっとぉ!

ん?

あら、フィロさん、ここにいたんですか。

ka-to3
自分で閉じ込めたくせに、ひどいでしゅ。
早く出すでしゅよぉ。

フィロさんが余裕で閉じ込められます。
ムフフ、いい感じ。

ka-to4
たのちいとこへ連れてってもらえるでしゅか。

う~ん。使い道が今のとこないんだけど・・・。
12日のカン太ママのバザーで、カートデビューしてみようかね。
保健所で殺処分寸前のワンちゃんを保護している方のバザーです。
お近くの人は是非行ってみてください。(^o^)/~

| | コメント (13)

2006年2月 4日

イヂメの時間

goaisatu-ijime
こんにちわん、フィロでしゅ。
今日はかあしゃんの極悪ぶりをみんなにお見せしゅるでしゅよ。

心優しいみなしゃん、涙で前が見えなくなっても、最後までしゅかり見てくだしゃい。
(音量注意しゅるでしゅ!!)

「ま」では、びくっとしか反応しないフィロさんですが、「よ」ではおっとっとぉ、とつんのめります。
「よーし子さん」では、いじめられなれているので、食べてしまうことはないものの、「もううんざりでしゅよ」と言う顔をしています。

niku-kure
同情しゅるなら肉をくれっ!

フィロのお肉をいつも買っている とり農園さん では、ペット用の生肉が6日まで半額だそうです。
送料無料のお試しセットを買うよりも安くなるので、また今のうちにいろいろ買い込まなくては!

| | コメント (19)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »