« はじめての血液検査 | トップページ | クランベリーを育てるのでしゅ »

2005年8月12日

ワクチン考

手作りごはんの本で信頼を寄せている本村伸子さんの新しい本が出たので、さっそく読んでみました。

タイトルは「フレンドの遺言状」。

う~ん。フレンドと言う犬の一生を書いた本?と思ったけれど、サブタイトルが「それでもあなたはワクチンを打ちますか?」だった。
これは、いまや入手困難となってしまった(アマゾンでびっくりするような高値がついている)「ペットを病気にしない!」系の本のようだ。
(私は入手できてないので、読んでいないけど、目次から推察してみました)

毎年、よかれと思って混合ワクチンを接種させていると、思わぬ病気になってしまうかも、と言う内容の本だった。

ワクチン接種に関して、いろんな意見があって悩んでしまう。
本を読んで、なんだかフィロにワクチンを打つのをためらわれるような気分になった。
そして、混合ワクチンについて何にも知らない自分に気がついた。
フィロが生後2ヶ月と3ヶ月の頃に摂取したのが、6種ワクチン。
これはこれで仕方がないと言うか、きっとベストな選択だったのだろうと思う。
ただ、問題は次だ。
何種を接種させる?と言うか、接種させなきゃいけない?いやいや抗体価検査をしたほうが良いのだろうか?

考えてみたら、接種させなきゃホテルでは預かってくれない。ドックランにも入れない。
ワンコ用プールなんてもっての外。

どうしてこんなことになっているのかなぁ。
飼い主の責任なんだろうか。
気楽に犬は飼えないな、と思うです。

ワクチンに関して、まず下のサイトのワクチンと感染症のページを読んで見られることをお薦めします。
↓こちら
TARO'S CONNECTION
非常に分かりやすく説明されています。

あわせてフレンドの遺言状も読んでみると、本当にいろいろ考えさせられました。

フレンドの遺言状
本村/伸子??著
文芸社 (2005.6)
通常24時間以内に発送します。

|

« はじめての血液検査 | トップページ | クランベリーを育てるのでしゅ »

コメント

ギャーッツ!!
恥ずかしい間違いをしてしまいました。
フィロが接種したのは5種じゃなくて6種でした。
正確には5種のワクチンが入っているけど、アデノウイルス2型のワクチンで2種の病気が予防できるので6種の病気が予防できる、6種のワクチンなのでした。
恥ずかしいので、記事内も訂正しました。

>ちび太さん
8種のワクチンは6種の中からコロナウイルスを抜いてレプトスピラ3種が入っているはず。
ワクチンのメーカーによって中身がちょっと違うけど、接種証明書に内容が記載されていると思います。おそらく京都微研のキャナインという薬かな、と思ってレスしています。
獣医さんとお話した結果を出来れば教えてくださいませ。

>ロココママさん
そうですよね。バルボ必要なさそうですね。
ひょっとするとそこの獣医さんで扱っているワクチンの中に、バルボ無しのワクチンがなかっかとか。それとも単にうっかり?
今のところワクチンに関しては、飼い主のほうが積極的に言わないと、てんこ盛りワクチンを毎年接種させられる結果になりそうですね。
フィロが2,3ヶ月のときに打たれたワクチンを見て、「少ないなぁ。予防なんだからもっといっぱいワクチンの入ったのが良かったなぁ」と思ったものでした。
今考えると、おバカな飼い主でした。
ただ、子犬の頃のワクチンから1年後のワクチンはそれなりに必要なもののようで(でもまだ良く分からないですが)、その次のワクチンの間隔が特に重要なんですね。
幸い混合ワクチンは義務ではないので、飼い主でコントロールできます。
抗体価検査に、獣医さん積極的じゃなかったのかな?

投稿: フィロママ | 2005年8月13日 14:04

こちらのほうは6種です。
抗体価検査はもちろん検討しました。。。が、
獣医さんと色々お話しているうちに
よくわからなくなってしまい
結局今年は打とうか、、てなことになりました。
ロココはパルボに感染したことがあるので
「もう接種しなくてもいい」って言われていたのに
獣医さん、忘れていたのか打っちゃったよ〜〜〜〜!!
もっと勉強しないとダメですね
獣医さん任せじゃちょっと心配。。。

投稿: ロココママ | 2005年8月13日 01:56

>katoyanさん
はっきりした数字は知らないんですが、国内の狂犬病予防ワクチン接種率は下がっているみたいです。まず畜犬登録していない犬がどれだけいるんだか・・・。
そういう中で狂犬病が入ってくると、確かに危ないですね。

投稿: フィロママ | 2005年8月13日 00:05

そうなんですよ。 どうせ証明書と抗体価を出すんなら、それだけで良いじゃんって思うんですが、そうするときっとだーだーになってしまうんでしょうね。

日本のように狂犬病が無い? 国に、少しでもおかしなのが入ったら、アウトですからね。 

投稿: Katoyan | 2005年8月12日 23:21

>ちび太さん
記事内のTARO'S CONNECTIONでちょこっと見てみたら、静岡はレプトスピラ病の発生がいくつかあるんですね。なるほどだから8種か9種なのか。
石川ではあまり流行らないので5種のようです。
3種分はレプトスピラのワクチンなんです。
で、9種になるとコロナウイルスのワクチンが添加されます。レプトスピラとコロナウイルスのワクチンを同時に接種するとアレルギーが起きやすくなるという報告があるとか。9種は避けたほうがよさそうですね。
地域によってワクチンの数は変わるみたいですが、犬も結構移動しているのに意味があるのだろうか、と言う意見もあるみたいです。
って、こういうことも最近知ったんです。(^^ゞ
まだまだ勉強不足ですが。
↓のページで国内のレプトスピラの発生状況が見れます。2004年版です。
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/fact/2004/reputo_inu.html
(動物衛生研究所)

投稿: フィロママ | 2005年8月12日 23:20

>katoyanさん
なるほどそういうことだったんですか。
確か抗体価も提出させるんですよね。
ワクチン接種の証明書と抗体価を示したものをあわせるんなら、2回も接種させなくてもいいんじゃないの、と思いますね。
抗体価が十分じゃないんなら、何度接種させたって留め置きになるんだろうし。
機内持ち込みできるといいですね。
そのほうがSHUNちゃんのストレスが少なくなりそうですし。

投稿: フィロママ | 2005年8月12日 23:08

ワクチン、こちらは田舎なので否応なく8種か9種になりそうです。
5種のワクチンを打つ獣医さんは私の近所では
今の所聞いた事はないです。
田舎だから仕方がないのかなぁ・・・

次のワクチンは9月になりそうなので、信頼している獣医さんに
相談してみようと思います。

投稿: ちび太 | 2005年8月12日 21:38

フィロママさん 本当なら2回で済ませる事が出来たんですが、段取り悪くて3回打つ羽目になってしまいました。 
というのも、生後90日未満で打ったものはカウントできないという事なので。 
今年の1月に76日で一回目、これノーカウント。 従い、先月に二回目、今月末に三回目です。 
早く散歩に連れて行きたいということであせって打っちゃいましたよ。。。。 これが失敗でした。 

投稿: Katoyan | 2005年8月12日 13:41

>katoyanさん
ええっ!?
1年に3回?2回かと思ってました。
本にはですね、ワクチン接種の前後で気をつけることも書いてありました。
接種させる3,4週間前後に、免疫増加をしてくれる、きのこやブロッコリのスプラウトを意識して食べさせると良いそうです。
ビタミンA,B,C,Eの入っているものもいいみたいです。
あと、狂犬病予防ワクチンとその他のワクチンは、絶対に一緒に接種しないように、とのことです。
SHUNちゃんの野生パワーでがんばって欲しいです。(T_T)

投稿: フィロママ | 2005年8月12日 11:49

>ロココママさん
ロココ家はワクチン反対派ですか。
「保険ですから・・・」か。う~ん。
抗体価検査とかは検討されましたか?
コレってかなり高価な検査のようですね。
本当に難しい問題です。
出来れば抗体価を検査して、足りない種類のワクチンだけを接種させたいのですが、今の段階では難しいようで。
保険のつもりが免疫系を痛めつけることになるとしたら、出来れば回数を減らしたいと思います。

投稿: フィロママ | 2005年8月12日 11:39

難しい問題ですねえ。  私も出来れば少ない方が良いとは思うんですけど。。 帰国に向けて狂犬病注射を一年に3回も打たないといけないんで・・・・ ちょっとかわいそうです。  

投稿: Katoyan | 2005年8月12日 05:49

これは難しい問題ですよね
実はロココ家はワクチン反対派です、いろんな理由で。
今年、どうしようか散々迷い 獣医さんとも何度かお話した結果
「保険ですから・・・」の一言で接種することとなりました
今でもこれでよかったのかと考えちゃいますよ

投稿: ロココママ | 2005年8月12日 01:07

この記事へのコメントは終了しました。

« はじめての血液検査 | トップページ | クランベリーを育てるのでしゅ »