« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月28日

梅雨はつらいよ

いよいよ北陸も梅雨入りです。
土砂降りが続き、夜になっても収まりません。

最近のフィロはトイレシートでおしっこはするものの(でもかなり我慢して仕方なくという感じ)、うんPは1日くらい平気で我慢してしまいます。

あんまり体に良い事ではないので、深夜ですがうんPのためだけに外に出すことにしました。
カッパに靴を装着し、準備万端といいたいけれど・・・
ko-tosugata
こんな格好じゃ歩けないでしゅよ。
つんつるてんじゃないでしゅか。

ざんね~ん。足が寸足らずです。
肝心の足の飾り毛が隠れず、頭のフードも小さいため取り外しています。
でも、全身びしょびしょになるよりマシかぁ~と、外に出ました。

往復100mほどしか歩いていないので、家に入るのをかなり拒まれましたが、なだめすかして帰宅。
やっぱり顔や飾り毛、尻尾がびしょびしょです。
一所懸命乾かして、何とか終わり。

dokkoisyo
あ~どっこいしょ。うんPしゅるのもラクじゃないでしゅよ。

やっぱり足が長めのレインコート買わなくちゃなぁ。
靴も先っちょが開いてるのじゃ意味ないし。
ネットで買うとサイズが心配なので、お店で買いたいんだけど、靴を売ってるお店がないんだよねぇ。
都会がうらやましいワン、と思うかあさんなのでした。

そうそう、14日の日記の結膜炎は、1週間ほど朝晩の点眼をしたらすっかり直りました。
目やに取るの大変だったので、良かった良かった。

| | コメント (12)

2005年6月25日

毛刈り隊がやってきた

goaisatu
毎日あちゅいでしゅね。
フィーはもうばてばてでしゅよ~。

毎日とっても暑そうなフィロちゃん。
ロココちゃんが丸刈り~太になっているのをみて、これだ!と思ったかあさんです。

marugari1
そんなにビビるなよ~
椅子にゴミ袋をかぶせた即席トリミング台にフィロを乗せました。

marugari2
覚悟は良いですか?

marugari3
ナショナルのバリカンは、1mmと8mmのアタッチメントしかなく、フィロの毛は8mmでは長すぎるため、1mmでバリカンを使いました。
台に乗せたせいか、あまり抵抗しない良い子のフィロ。
思い切って刈っていくと、かなり慣れました。

これで足裏バリカンも余裕になるかな・・・?
1mmだと、かなり短くなるので、2mmか3mmのアタッチメントが良かったなぁ。

苦闘、3時間の末(シャンプーも含む)このようになりました。
marugari4
かなり涼しいんでしゅ。

足のポンポンのほかに、尻尾と耳の毛を何とか残しました。

marugari5
相当疲れたのでしゅ。

このあと、ボイジャーで30分ほど爆睡していました。
疲れたんだろうなぁ。
始める前はどうなることかを思ったけど、トラ刈りではあるものの、何とか外に出られるような感じに仕上がりました(だぶん)。
とりあえず、流血事件になってません。良かったね!

yoru-sanpo1
日が落ちてから、お散歩に連れて行ってもらったでしゅ。
2時間も歩いたでしゅ。

yoru-sanpo2
ロココねえしゃんみたいにツべり台をすべろとかいう鬼パパでしゅ。

yoru-sanpo3
降りれましぇんからぁ~怒りのビーム!!

このあと、パパに抱っこしてもらいながら降りました。
今日は一日本当にお疲れ様でした、フィロちゃん。

| | コメント (8)

2005年6月19日

血ぃみっどぉー ~バザーへ行く、初夏の巻~

梅雨の時期だというのに、いまだ北陸は入梅せず、晴れが続いております。
今日はカン太ママのチャリティバザーの日。

前回のバザーでは、結構良い品がいっぱいあったので、今回もいいものゲットォ~とはりきってバザーの品を物色するため、10時には会場に到着するつもりだったのに、かあさんがお決まりの寝坊をして、11時に会場に着きました。

run-run
きゃっほー☆

さっそくランに入って走り回るフィロ。

run-atii
あじぃ~疲れちゃったのでしゅ。

フィロさん、入ってから1分もたってませんよ。
この日はとても暑かった。やっぱり10時についていれば・・・。

run-hello
こんにちは、でしゅ。ねえしゃんは白いでしゅから暑くないでしゅね。
ほら、フィーは黒いでしゅからしゅぐ暑くなっちゃうんでしゅよぉ~。
困るでしゅねぇ~黒いって。

言い訳ばっかりしているフィロっち。
このシュナちゃんは3歳の女の子。ブラックのシュナちゃんのママさんでした。

run-hirokun
こんにちは。ひろ君でしゅか。おんなじ年なんでしゅって。

なぜかフィロがお気に入りのようで、紳士的にフィロに寄ってくるひろ君。

run-mottai
あたち、押されると引いちゃうんでしゅ。

自分に興味がないワンちゃんにはしつこく付きまとうくせに、こんな風に興味をもたれるとおしりが引けるフィロ。
ひろ君とはいい感じだったので、またどこかで会いたいね。

run-owari
たのちかったのでしゅ。えへ☆

このあと、とうさんとかあさんはコロッケとおにぎりを食べ(おいしかった!)、トリマーさんの爪切りテントへ行った。
爪切り、足裏バリカン、肛門線絞りの3点セットで500円という安さ。
トリマーさん、全部カン太ママへ寄付されてるのかな?
暑い中ご苦労様でした。

実はこの爪切りのとき、フィロの爪から出血してしまったのです。
1番目の爪で出血して痛かったのか、フィロは珍しくトリマーさんに反抗しています。
かわいそうだとは思ったけど、爪が長いと足に良くないので、フィロには我慢してもらいます。
すぐにあきらめ、おとなしく切られていました。がんばったぞ、フィロ。

帰りにちょっと寄り道で、とうさんとかあさんはアイスクリームを食べました。
フィロは、見てるだけ~。

かわいそうなので、アイスクリームを売っているお店の近くに牛さんがいたので、初めての牛さんにこんにちわ、をさせました。
意外に牛さんのほうがフィロに興味津々でした。

usisan
おっきいのでしゅ。みなしゃんご兄弟でしゅか?・・・なるほどぉぉ。

おうちに帰ってから、さらに爪切りをしました。
トリマーさん、あんまり深く切れないね、と遠慮がちに切っていたので、ほかの爪は長めになっていました。
一つ血が出たので、その爪を基準に考えると、特に前足の爪がことごとく長いのです。
というわけでお家で血が出るまで切ってやる!と鬼になることにしました。
フローリングで生活していると、爪が長いのは良くないそうです。

肉球のひび割れが前足に多いのは爪が長いからかしら・・・と思ったりして。
さぁ、準備完了です。

tumekiri1
チラシの上に、止血剤とギロチン式爪切り。

tumekiri2
いいでしゅよぉ。フィーの爪はカーペットを掘り堀りしゅて短くしましゅから!

つまらん事言ってないで、おとなしく切られるのだぞ。

tumekiri3
もう、かんにんしゅてくだしゃい。

仰向けにして切ってます。やっぱり怖くて血が出るまで切れませんでした・・・。
でも、かなり短くなりました。もっとまめに切らないとね。

| | コメント (15)

2005年6月17日

本当? ~フィロ農園~

そろそろ、蚊の出る時期になってきました。
そんな時、ネットで モスキートブロッカー なる植物を発見しました。

mosuki-buroka
蚊を寄せ付けない成分シトロネラを多く含むとか。
まだひょろひょろで小さい。さっそく数枝とって、挿し木をし増やそうとしている私。

数年前、生協の共同購入で蚊龍香という蚊よけゼラニウムを購入し、全く効かないという経験をしたので、半信半疑である。

karyukou
巨大化したので、最近切り詰めた蚊龍香。
花ガラをつんでいたら、蚊に刺された!!
蚊の多い実家にプレゼントしたら、この植物の上に蚊柱が立っていた。
蚊対策としては、ほとんど効果無しかも・・・。

でも、モスキートブロッカーの植え替えをしているときは、蚊に刺されなかったのです。
効くかなぁ、効いてくれると良いんだけど。

そして、花屋さんで見つけたのがこれ、
kayorazu-hati
蚊不寄(かよらず)。
これは、葉っぱをこすってみると殺虫剤のような臭いがする。
なんか効きそう!と思ったので買ってみました。

何でこんなに蚊対策をしているかというと、私が集蚊機と呼ばれるほど蚊に刺されやすいから。
なおかつ、蚊に刺されると4,5日は猛烈なかゆみに襲われるのだ。
それに、ウッドデッキにフィロがいると、フィロにも蚊がたくさん寄ってくる。
フィラリア対策の薬は摂取しているけど、やっぱり蚊に刺されるのは犬も不快だろうし、できれば庭に蚊が寄ってきて欲しくない。
こんなにいろいろ蚊よけの鉢があれば、かなり蚊も少なくなるだろうて・・・。ホホホ。
ホントかなぁ・・・効くといいなぁ。

モスキートブロッカーを買うついでに、せっかくだからとマユツバ商品をもう一つ買ってみた。
それは、セレウス・ペルヴィアナス(電磁波サボテン)

denjiha-sabo  
電磁波を吸収するらしいです。
これでピカチュウの電撃攻撃も受けないのでチュウ!
ニューヨークの証券取引所でこのサボテンを置いたら電磁波の数値が減って、正常になったとか。
ほんま~かいなそうかいな~とアホの坂田踊りをしながらとうさんのパソコンの横にサボテンを置こうとしたら、

sabo-eater
フィーは見に来ただけでしゅよ!誰でしゅか、サボテン犬なんて言ってるのは!
プンスカ

さっそくハイエナが狙っていたので、もっと高いところに置きました。
幸か不幸か、このサボテンも細くて短い針です。
でも、絶対食べられないようにしないと。

久しぶりにフィロ農園の様子です。

0617-ine
バケツ稲は結局4つしか芽がです、2つづつ植えてバケツ2個分しか育っていません・・・
おにぎり作れないや・・・。

0617-jaga
ジャガイモはこんなに大きくなり、もうすぐ収穫できそうです。

0617-minitomato
種から育てたミニトマトは花芽がついてきたので、プランターに植え支柱を立てました。

0617-okura
オクラは苗を購入して植えたのだが、育つのが遅い。こんなものかなぁ。
初めて育てるので、よく分かりません。

0617-toumorokosi
これは、とうもろこし。去年取立てのとうもろこしを食べてからとりこになった。
イネ科は毎年同じ場所で育てられるので、とても作りやすい。

0617-zukini
これはズッキーニ。フィロも食べられるのでたくさん収穫できると良いな。
葉っぱがかなり巨大化します。去年2株植えてひどい目にあいました。

0617-asuparajpg
アスパラガス。来年はたくさん収穫できるかなぁ。
今年植えたばかりなのであまり収穫せず、株を大きくしているところ。

こんなふうに狭い庭にぎっしりいろいろ植えられているフィロ農園です。

| | コメント (4)

2005年6月14日

結膜炎なのでしゅ

ここ1週間フィロの右目の目やにが多く、なんだか粘度が高い。
病院で見てもらうと、軽い結膜炎との診断でした。
朝晩目薬をさして、しばらく様子を見ることになりました。

大きな病気なんかはないものの、こういう細かいことで、よく病院へ行っているような気がする。

odekake-kaat
拉致カートに乗ってみたのでしゅ。キャホ☆

いつも行くペット用品のお店に「ご自由にお使いください」と置いてあった。
結構いい感じ。
いつもお店でほかの犬にちょっかいだしまくっているので、お店でお買い物をする時に使うと良いかも。
次からこれに乗ってお買い物だ。

病院代 1,995円

| | コメント (4)

2005年6月10日

にんじんとビタミンC

ココログに手作りごはんの本を書いている獣医師の須崎先生のブログができたらしい。

早速見てみると、にんじんにはビタミンC分解酵素が含まれているので、にんじんと混ぜるときにはビタミンCが分解されてしまわないように、レモン汁などを混ぜて分解酵素の働きを止める必要があると本に書いたのは・・・「ガセビア」と書いてあった。

で、その詳細は先生の新しい本で紹介されるとのこと。
そういえば、この話をどっかで読んだな・・・。すっかり忘れていた(恥)。
というわけで記憶をたどってみると、思い出しました。
「やさい畑」という季刊誌2004年の春号134ページ、「辻村先生の野菜実験室」です。

長めなので要約すると、「ビタミンCには、酸っぱいものと酸っぱくないものがある。にんじんの分解酵素が分解するのは酸っぱいビタミンCですが、酸っぱくないビタミンCはにんじんに含まれる酵素などによって増加する。時間がたっても2つのビタミンCの総量は変わらない。体内での効果は酸っぱいほうも酸っぱくない方も同じ。結論、にんじんを加えてもビタミンCの量は変わらない。」

ということだそうです。
なぁ~んだ。にんじんにレモン汁は必要ないんだね。
ひと手間減って、良かった良かった。

さて、本日のごはんは
0610-gohan
ラム肉、ブロッコリー、昨日の青汁、きな粉、グレープシードオイル

0610-tabeta
完食でしゅ。もっとくだしゃい。

明日は早速にんじんを食べようね。

| | コメント (6)

2005年6月 9日

我が家もGEN-MEAT

sippo
最近、フィロの尻尾が矢印みたいだよね、とパパと話しています。
またの名をキノコ?

常に天を指している、フィロ矢印です。

funfun
なんか言ったでしゅか?
おいちいニホイがしゅてきましゅたよ♪

0609gohan

今日は牛モモ肉に黄身を混ぜ混ぜ。
この牛さんはGEN-MEATさんで購入したものです。
だいたい買ったものはロココママと同じ
その他にラパンの肉と鳥レバーなど内臓系を足して買っています。
もともと適量40~60gくらいでカットしてあるし、バラ凍結なのでこちらのお肉は本当に使いやすいです。

そして、緑のペースト状のものは、小松菜、チンゲン菜、レタス、戻しワカメをフードプロセッサーにかけたものです。
最近、朝も生食にしています。
そうすると、毎日野菜を刻むのがとても大変になってきました。
そこで、フードプロセッサー購入を決めました。

food-pro
あっという間に青汁状態♪
超簡単で、プラ容器に小分けし冷凍します。
これで、朝もラ~クラク。

genki-haturatu
今日の朝、サボテンらしきものが出ました。

| | コメント (6)

2005年6月 7日

サボテン紛失事件

今日は割とお天気が良かったので、カーテンごしの日しか当てていない植木鉢に日光を当てようと、南側の掃き出し窓に置いた。
フィロのいるタイル張りのところだが、フィロはあまり植木鉢に興味を示さないので大丈夫だろうと思ったのだった。
ちょっと庭へ出ようと思い、念のため、久しぶりのグリニーズプチを与えて庭に出て10分ほどして部屋に戻った。

グリニーズは完食したようだった。
上がり框もかじってないし、やれやれ、植木鉢もさわってないね。

uekibati1
あれ?なんか足りない?

ない ない 無い 無い 無い~!

さぼてんが、さぼってんぞぉ~(さむいね)

uekibati2
サンセベリアの隣にひとさし指ほどの大きさのサボテンがあったのだ。

犯人は誰だ!?あいつだ、あいつしかいない。

お前だ、こっちを向くのだ!

maiu
どうしたんでしゅか?

このすっとぼけた顔は何ですかっ!はしたない。

あわてて口をあけて見ると、若干植木鉢の土が付いている。
間違いないよ~。
部屋中を探したがサボテンのかけらも無い。
全部食べてるよぉ~。

獣医さんに電話すると、「トゲが心配。トゲの大きさを教えて」とのこと。
トゲはかなり細く、長さも5ミリくらいだった。
しかもまばらに生えていたので、多分大丈夫といわれた。
いちおう2,3日は吐いたりしないか、便に血が混じらないかを注意してくださいとのことだった。

とりあえず1日たって、様子も変わらず便も普通。
あと1日は様子を見ないと分からないけど、でも口の中も怪我してなくて良かった。

gomenne
ごめんでしゅ。ちょっと反省したふりでしゅ。
キモリも誤ってるでしゅ。
キモリ「何でキモリが誤るのキャモ?」

あぁぁ~口の届くところに何でも置くもんじゃないですね。
すごく反省した日でありました。
今回はかあさんが悪いです。

| | コメント (6)

2005年6月 2日

肉球クリーム

agaga
アガアガアガ。
この、タオルから出てくる紐、タオルヌードルって言うんでしゅけど、なかなかおいちいのでしゅ。

biyo-n
びよ~ん。

bee
べぇ~。うふふ。 おいちいからあげないのでしゅ。

このタオルは、フィロを迎えるちょっと前にブリーダーさんに渡して、寝床のにおいをつけてもらって、フィロと一緒に我が家にやってきたものです。
そのせいか、一番のお気に入りタオル。
大事にして欲しいのに、糸を引っ張り出して食べるので、長く伸びた糸はこまめにはさみで切っています。

だって、そうしないと食べた糸が排出されるときにうまく出ず、うんPがブラ~ンと垂れ下がった状態になり、うんPを垂らしたまま走ることになるのです。
垂れ下がったうんPを引っ張ると、食べたタオルの紐がにゅるるるぅっと(お食事中の方ごめんなさい!)出て、手に引っ付くのです。(--;

いつも見ている凛ちゃんのブログに、凛ちゃんの旧ブログも見られるようになっていたので、つらつらとみていると、肉球クリームを塗っているので肉球がぷにぷにとかいてあった!
最近フィロの肉球がひび割れてきたので、肉球クリームが気になっていたところだったので、早速肉球クリームについて検索してみると、肉球クリームの作り方が書いてあった。

ほほう。蜜蝋は持ってないので、代わりにキャンデリラワックスを使うことにした。
あと、皮膚の修復を助けるというシアバターも加えてやれ。

crim-set

キャンデリラワックス 小さじ1
シアバター 小さじ1
ホホバオイル 小さじ4

bi-ka

上記のオイルを湯銭で溶かし、荒熱が取れたらエッセンシャルオイルを加える。
この量のオイルに溶かせるエッセンシャルオイルはせいぜい2滴が限度。
何を加えようかな~。

どうせなら虫除けの効果も欲しいので、ラベンダーとパチュリを1滴ずつ加えることにした。

crim-kansei
冷めたら・・・完成!

nuttayo
なにやら塗られたのでしゅ。

つやつやじゃないですかっ!

nikukyuu
みえますかね?前足の大きい肉球部分にひび割れが多いのです。
しばらくまめに塗りこんで、様子を見ようと思います。

| | コメント (12)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »